スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

ということで、猫を探す!編

2007/05/05 土曜日

20070518115331.jpg

またネコを飼おうということに決めた我が家(*´∀`*)ノ
早速シェルターやボランティア機関のショーケースなどを巡ってます。


シェルターとは日本の保健所のようなもの? ノラ猫(&その他)や捨て猫、迷い猫を引き取って一時的に預かる公的機関です。
地域にもよりますが、大抵写真のような立派な建物♪
中には、動物たちが快適に過ごせるようプレイルームがあったり、里親(予定の人)が引き取る前に選んだ猫(やその他)と触れ合うことができる面会ルームがある所も(笑)。
動物に優しいアメリカの一面が見られる場所ですね♪

さて、動物を引き取るには、もう一つノン・プロフィットのボランティア機関で探すという手もあります。
こちらはボランティアが里親代わりとなり、自宅で世話をするケースが多いみたいで、週末になるとPetcoPetsmartPet Food Expressなどの大型ペットショップにて、Adoption Showcaseを行っています。←店内にある専用ケージに入れて、訪れた人に見てもらう。
最近のペットショップでは、ハムスターやネズミなどの小動物や魚、爬虫類は売っていますが、猫や犬は売っていません。
こうしたAdoptionコーナーがちゃんと設けてあるのは、まず行き場のないコ達を引き取ってもらいたいという事なのかな~(と、またもや感心♪)


ボランティア機関もシェルターも、検索すればたくさん出てきます。
写真付きのリストもあって、どのコも引き取ってあげたいのはやまやまなんですが・・・ウチで飼える猫は一匹だけ(貸家なんで・泣)

我が家と縁のある一匹を探して、奔走中です。

| 08:18 | Cat Adoption in アメリカ | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。